マクロビオティック情報サイト

マクロビオティックに関する情報や参考本等をご紹介します。
<< 野菜でおうちゃくダイエット―シンプル・マクロビオティック :: main :: マクロビオティックのおべんとう オレンジページムック 心地いい暮らしがしたい >>

THE マクロビオティック |久司 道夫

THE マクロビオティックTHE マクロビオティック
久司 道夫
マガジンハウス 刊
発売日 2005-07-14
価格:¥5,000(税込)
オススメ度:★★★★★




マクロビ・・・の集大成 2006-09-23
 とにかく分厚い(辞書みたい)が、本気になれば欲しくなる一冊であろう。取り敢えずは、マクロ・・・に興味のある方は、同じ久司さんの中でも「マクロビオティック入門編」をオススメしたい。それなら万人に理解しやすいからだ。あれ一冊でマクロビオティックの凄さが理解できると思う。そのあとで数冊読んでみて、もっと詳しく知りたいと思ったらこの本はオススメである。

 この久司さんはアメリカでは「超」が付く有名人で、アメリカで一番有名な日本人だそうだ(歌手のマドンナ「正確には彼女の子供・・・そして彼女自身もツアーなどにコックとして専属のスタッフを同行させているらしい」やゴア元副大統領、カストロ議長も実践しているとか・・・)や。そんな日本人を、とうの日本人があまり知らないというのもヘンな話で・・・それは穿った見方かもしれないが、僻みや妬みや、色々な業種からの圧力が有る事は容易に察しがつく。現にアメリカで活動し始めた当初も様々な業界団体から圧力が掛かったらしい。

 それが過ぎて祖国、日本で広めようとしたら、やはりアメリカと同じ現象が起きているのだろう。そういう意味で日本は欧米よりマクロビの認知度は五年は遅れているそうだ。日本食をベースにしたマクロビ・・・が、本家本元、日本でスッカリ忘れ去られているというのは何ともはや嘆かわしいわけで・・・

 ということで、簡単な説明はここまでとして、分かっていただけたであろうか。マクロビ・・・のこと。この本は初心者には勿体無いかもしれない。先ずは入門編から読み、それを納得したら、手にして読んでみるといいと思う。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/11/22に作成しました。
- - : Edit
2006.11.22 Wednesday : - : -